京都の古紙・古紙回収・古紙リサイクルのエキスパート|株式会社 京都グリーンセンター

紙リサイクルのエキスパート株式会社 京都グリーンセンター

| HOME | 業務案内 | 産業廃棄物収集運搬 |

2011-03-01

産業廃棄物収集運搬

排出事業者責任が問われる時代です

ご存知ですか?「排出事業者責任」

  • 廃棄物処理法の改正施行により

「事業者は、事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任で適正に処理しなければならない。また、廃棄物を資源として再利用することを積極的に図るとともに減量化に努めなければならない。」

  • と定められています。
  • これらの法律に違反した場合、懲役または罰金の厳しい処分を適用すると定められています。

特に厳しい産業廃棄物

  • 排出事業者責任が、特に厳しく問われる産業廃棄物。

1.汚泥 2.廃油 3.廃プラスチック類 4.紙くず 5.木くず 6.繊維くず 7.ゴムくず 
8.ガラスくず及び陶磁器くず 9.動植物性残渣 10.がれき類

  • といわれる産業廃棄物も収集運搬し、排出事業者に代わって責任を持って遵法処理いたします。

4tパッカー車

廃棄物の種類・回収場所・回収量に応じた車両を用意

軽トラック・2トンロング平ボディー車・2トンパッカー車・4トンアームロール車と、廃棄物の種類、回収場所のロケーション、回収量に応じて最適の車両で引き取りに伺います。

ご契約を交わした上で、4トンアームロールコンテナをお客様の敷地内に設置して、定期的にコンテナを交換・回収させていただくことも可能です。